日本避暑勝地 ★ 北海道






1
何だか年々夏が暑くなっていくような気がしませんか?



照りつける太陽が、毎日まるで火のように熱く感じられます。街を歩く人たちが、みんな溶けてしまうのではないかと思うくらい…。「暑いよ~!」太陽がじりじりと照りつけるコンクリートの街でこんなふうに叫んでいるより、飛行機に飛び乗って、気分も変えて、広大な北海道に避暑に出かけて、真夏の魅力を抱きしめるというプランはいかがでしょうか?

北海道は、日本人の投票で一番住みたい場所に選ばれました。気候も心地よいし、美しい大自然の景色もたくさん見られ、おいしい無添加の農作物もグルメもあります。私が大好きな場所の一つでもあります。雄大な大自然の中の美しい湖や山々、緑でたくさんの草原や牧場、そして花畑が広がる景色、本当に息を呑むような美しさなのです。大自然に飛び込むことは、現代の都会人にとってストレスを癒す強力な薬だと誰かが言っていたのにも頷けます。

富良野の紫色のラベンダーの海の前に立った時、鏡のように空の雲を湖面に映し出した摩周湖の前に立った時、無限に広がる釧路の緑の湿原の前に立った時などの、その迫ってくる感動は、本当に言葉で表現することができない程だったのを思い出します。道東も、道北も、道央も、道南も、どの地区にもそれぞれ特色があります。花を見たければ富良野へ、湖が見たければ阿寒湖へ、温泉に入りたければ登別へ、山を見たければニセコへ、ロマンチックな夜景を見たければ函館へ、運河の風情を体験したければ小樽へ。北海道旅行を計画するたびに、私は嬉しくてたまらなくなります。

空気がおいしくて、風景が美しいだけでなく、北国の美食もまた私を引きつける魅力の一つです。海産物が豊富で、乳製品は濃厚で、果物は甘くてジューシーで…。ああ!考えただけで涎が出てきてしまいます。北海道に行くなら、昼間は名所旧跡を巡って、おいしいものを食べ、夜は夜景を見て、地下街で買物をたくさんしましょう。札幌市内には、市の中心を貫く、非常に長い「狸小路商店街」があります。JR札幌駅の地下からは、放射状にたくさんの地下街があって、どの地下街も地上のショッピングセンターやデパートと直結しています。ついつい、持ちきれないほど買ってしまうでしょう!さあ、飛行機に乗ってしまえば、喧騒の都市から優雅で涼しい別世界にあなたを運んでくれますよ。心が動くでしょう?八月に北海道に行って、ロマンチックでリラックスできる夏の休暇を自分にプレゼントしちゃいましょう!

PS:本当に北海道に行くなら、富良野という元はまったく無名だった田舎を世界の観光地に大変身させるきっかけとなった「富田農場」、夏も冬も魅力的な姿を見せてくれる「小樽運河」、そして新鮮で安い海の幸が食べられる「札幌市中央卸売場外市場」の3ヶ所は絶対逃さないでくださいね!

………………………………………………………………………………………………………………

< ★ この文章は東京流行通訊 2010年8月13日第29号(通巻第228号) より ★ > 

………………………………………………………………………………………………………………

【相關連結】<<  北海道観光局:http://tw.visit-hokkaido.jp/ >>

………………………………………………………………………………………………………………

【延伸閱讀】<看更多杏子的文章 ★ もっと杏子のエッセイを読む

………………………………………………………………………………………………………………

【延伸閱讀】<< 東京流行通訊 哈日杏子特別コラム ★ 哈日杏子的特別專欄 >>

………………………………………………………………………………………………………………
.

上 / 下一篇文章

臉書留言

一般留言

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *