龍馬の一生






2
あなたはどんな人生を送りたいですか?


 

觀迎訂閱<KTOKO TV*杏子頻道>



  統計によれば、3月11日に大地震が起こった後、多くの日本人の考え方が変化したそうです。

命を大切にするようになっただけでなく、この地球上に生きていられる日々をもっと大切にしようと考えるようになったのです。私も同じ気持ちです。自分がもっと毎日、毎分、毎秒を楽しく過ごしたいと思っています。みなさんはどうですか?どんな人生を送りたいですか?

7月9日、四国の高知駅南口に、「龍馬伝/幕末志士社中」がオープンしました。展示会場では、NHKの大河ドラマに登場した龍馬の家のセットや、坂本龍馬、中岡慎太郎、武市半平太の三志士の等身大の彫像が展示されました。去年の11月末に同じ場所で、数百名の観客と一緒に「龍馬ふるさと博」の会場で「龍馬伝」の最終回を見た時を思い出します。龍馬が暗殺される場面には、誰もが息を呑みました。この風雲の歴史上の人物がどのように死んだのかは知っていても、この残酷な場面を改めて見た時には、衝撃と痛惜を感じました。

もし龍馬が暗殺されなかったら、その後の日本は違っていたでしょうか?また、龍馬が現代に生まれていたら、現代の歴史はもっとすばらしいものになっていたでしょうか?

坂本龍馬のすばらしい一生を描いた「龍馬伝」は、2010年の日本で最も注目された大型連続ドラマだったに違いありません。龍馬を演じた福山雅治を男性タレント人気ナンバーワンの座に押し上げただけでなく、日本全国に龍馬ブームを巻き起こしたのです。

私の知る限り、日本の40代以上の男性はみな龍馬を崇拝しており、自分が龍馬のようになりたいと願っています。竜馬は堂々と発言して行動し、大胆でありながら細やかな心を持ち、時流に流されることがなく、自分の生き方で自由に生き、大きな愛の気持ちをもってまわりの人々や事物に影響を与え、最後には日本の政治体制を変えました。

坂本龍馬は間違いなく、日本の民主化、自由化を進めた功臣であると言えるでしょう。私は男性ではありませんが、このドラマを見て、たくさんの龍馬に関する解説を読んで、血がたぎる思いがしました。竜馬はたった33年の短い人生でしたが、一日一日を有意義に過ごしたことでしょう。平凡な我々も、尊い命を授かったのですから、龍馬を見習わなければなりません。

北海道の札幌農学校の初代校長であったクラーク博士は、演説をした時に「少年よ、大志を抱け!」と言ったそうです。龍馬は若い志士たちと共に、彼らの尊い命によって大志を推し進め、心の中の理想の国を実現しました。

みなさんはどうですか?どんな人生を送りたいですか?桜のように、美しい花を咲かせたいですか?それとも花火のように、全力で夜空に一瞬の華やかな瞬間を作り出したいですか?人生はたった一回ですから、すばらしいものにしたいですね。

……………………………………………………………………………………………………………………………………

<  ★ この文章は東京流行通訊 2011年8月26日 第32号(通巻第278号)より ★  > 

……………………………………………………………………………………………………………………………………

【相關連結】< 高知県の観光情報「よさこいネット」:http://www.attaka.or.jp/ > 

……………………………………………………………………………………………………………………………………

【延伸閱讀】<<  看更多杏子的文章 ・ もっと杏子のエッセイを読む >>

……………………………………………………………………………………………………………………………………

【延伸閱讀】< 東京流行通訊哈日杏子特別コラム ★ 哈日杏子的特別專欄 >

……………………………………………………………………………………………………………………………………
.

上 / 下一篇文章

臉書留言

一般留言

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *