為日本東北加油!3月10日淡水渡輪見~!(o^-‘)b






482212_10151472902532485_41.gif

3月10日歡迎大家一起來!!/皆さん、3月10日ご一緒に!

『日台・心の絆』~震災から2年後の東北に向けて~
「日台・心の絆」~給震災2年後的東北~應援活動

主辦:謝謝台灣實行委員會
時間:3月10日(日)11:00~18:00
地點:淡水客船第三期碼頭

參加報名網頁:https://www.facebook.com/events/571639109513532/




 

主題:「日台・心の絆」~給震災兩年後的東北~
活動時間:2013年3月10日(日) 11:00~18:00 (台湾當地時間)
活動地點:淡水渡輪(大河之戀皇后號)船内、淡水第三期碼頭附近
趣旨:加深台日的羈絆、傳達受災地的現狀、傳達台灣的奧援

主辦:謝謝台灣活動實行委員會
主旨:支援苦於心理孤立、孤獨的東北災民

……………………………………………………………………………………………………………………

{內容}
1.與會者製作日台心之絆的紙鶴海報
2.東北現狀的展示、報告(※)
3.浴衣體驗
4.舞台表演
5.淡水遊覧船 (一張 250 元)15:00出發 遊覧時間大概30~40分左右
※15:00~16:00遊覽,〈11:00~14:30,16:00~18:00自由進出參觀,免入場費〉

未命名.gif

※委員會代表與實行委員長於二月上旬實地造訪受災地,這次主要取材於氣仙沼。氣仙沼的居民團結致力於重建,是災後重建的模範案例。我們將提出氣仙沼,並展示與氣仙沼相反的,三陸町等還未進行重建的地區之現狀。
• 預定由參加外務省舉辦之「羈絆強化計畫」,訪問災區的台灣學生報告。
• 會場處將收集要給災區的加油訊息、進行「我們能做什麼?」的發問活動,其結果將於會後,與加油訊息一同傳達給災區。

{船內2樓}
・展示物 Masayuki Tsuji先生提供的「謝謝台灣」海報
・氣仙沼 三陸新報記者三浦先生
・委員會代表與實行委員長於2月上旬訪問災區,本次主要取材自氣仙沼。
・由參加「羈絆強化計畫」,訪問災區的台灣學生報告 預定有包括國立中興大學陳maisan 三組報告
一組報告時間:15分鐘 發表形式:PowerPoint、影片、相片等

*********************************************************************************

・イベントタイトル:「日台・心の絆」~震災から2年目の東北に向けて~
・活動日時:2013年3月10日(日) 11:00~18:00 (台湾現地時間)
・活動場所:淡水クルーズ(大河之戀皇后號)船内、淡水第三期碼頭付近
・主催:ありがとう台湾活動実行委員会
・共催:311東北關東大震災在台日本人支援會
・趣旨:日台の絆を深める
被災地の現状を伝え、台湾から応援のメッセージを送る

{内容}
1.来場者による折鶴日台絆シートの作成
2.東北の現状報告説明パネル展示、プレゼンテーション(※)
3.浴衣体験
4.ステージ演目(和太鼓演奏・ウクレレ演奏・日本舞踊・フラダンス・バンド演奏など)
5.淡水クルーズ 15:00 出航 (チケット一枚 250 元)現地販売 
※15:00~16:00遊覽〈11:00~14:30,16:00~18:00 停泊中は入退場自由・無料〉
    
※委員会代表と実行委員長が2月初旬に被災地を訪問したことを踏まえ、今回は気仙沼をメインに取り上げます。復興のモデルケースになるべく住民が団結して復興を進めている気仙沼を取り上げ、それと対比する形で南三陸町など復興が思うように進んでいない地域の現状を伝えます。また、外務省による「キズナ強化プロジェクト」で被災地を訪問した台湾の学生による報告会も予定しています。
会場では被災地に向けた応援メッセージを集め、「私たちに何ができるか」という問題提起を行い、その結果を応援メッセージとともにイベント後に被災地に届けます。
   
注意:facebookイベント、時間設定で日本と台湾の時差で問題が生まれるようです
イベントは台湾現地時間の 11:00~18:00 になります。

昨年の2012年3月11日、ありがとう台湾実行委員会は、台北淡水で台湾への感謝の気持ちをイベントという形で表現しました。たくさんの方々に賛同いただき、被災地からの手紙の紹介や展示、ステージでの文化交流(太鼓や舞踊などの表現)、を通して素晴らしいイベントになりました。参加された日台の共同作業で作り上げた折鶴のシートは両国の絆の象徴になりました。(昨年 2012 年の活動報告をよむ)

東日本大震災では台湾の方々から数百トンにおよぶ支援物資や200億円を超える義援金が日本に届けられました。大きな傷を負った日本に、真っ先に暖かい手を差し伸べてくれた台湾。私たち実行委員会は日本人としてそんな台湾の気持ちを忘れてはいけないと思います。そしてその日台の絆を絶やさず、より強いものとするため、私たちは今年も留学生を中心に3月10日に台北淡水でイベントの開催準備をしています。

震災に関する報道は少なくなりつつありますが、今でも東北の地では、仮設住宅で暮らす方がたくさんおられ、孤立、孤独そして心の傷が2年経過した今でも問題になっています。今回はイベントを通してより多くの台湾の方々に被災地の現状を知っていただくことも一つの目的としています。そして台湾から被災地へ応援のメッセージをイベント会場の様子と共に届け、被災された方の心の支援をしたいと思います。

※委員会代表と実行委員長が2月初旬に被災地を訪問したことを踏まえ、今回は気仙沼をメインに取り上げます。復興のモデルケースになるべく住民が団結して復興を進めている気仙沼を取り上げ、それと対比する形で南三陸町など復興が思うように進んでいない地域の現状を伝えます。また、外務省による「キズナ強化プロジェクト」で被災地を訪問した台湾の学生による報告会も予定しています。
会場では被災地に向けた応援メッセージを集め、「私たちに何ができるか」という問題提起を行い、その結果を応援メッセージとともにイベント後に被災地に届けます。

……………………………………………………………………………………………………………………

◆連絡先
実行委員長:内田直毅(うちだなおき)
TEL:0989128169(台湾)
E-mail:arigatou.taiwan@gmail.com
代表:古堅一希(ふるげんかずき)
TEL:08020903089(日本)

◆団体概要
団体名:ありがとう台湾イベント実行委員会
代表:古堅一希
実行委員長:内田直毅
住所:台北市中山區長春路6號5樓503室
……………………………………………………………………………………………………………………

【相關連結】<< 『日台・心の絆』~震災から2年後の東北に向けて~BLOG >>

……………………………………………………………………………………………………………………

【相關連結】<< 『日台・心の絆』~震災から2年後の東北に向けて~FACEBOOK >>

……………………………………………………………………………………………………………………

【延伸閱讀】<看更多杏子的推薦 ★ もっと杏子のお勧め情報をよむ

……………………………………………………………………………………………………………………
.

上 / 下一篇文章

臉書留言

一般留言

  1. 很想去參加。
    因為很想念仙台,但是剛好遇到要加班Q_Q
    所以讓我更期待明年再訪仙台的日子:~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *